婚活やお見合いで異性との距離を縮める方法|婚活を始めるなら京都市中京区の結婚相談所アレッタへ

新着情報

婚活やお見合いで異性との距離を縮める方法

2017/05/17

婚活をしていると、お見合い等の席で出会った人と如何に距離を縮めるかが課題になります。
距離を縮めなければ、あなたが聞きたい事も、あなたの話も本音を引き出す事は難しくなります。
では、どうしたら距離を縮める事ができるのでしょうか。
 
1.相手の心を開かせるためには、まずは自分の心を開いて!
自分の趣味や弱いところ等、自分の情報を話す事は、相手にとって、心を許してくれた!信頼してくれた!と感じさせることができる心理テクニックです。
初対面の相手に住所や勤務先等、個人情報を教えるのは怖いですので、まずは今ハマっている事、休日の過ごし方等、プライベートの部分で話せるネタを考えておきましょう。
 
コンプレックスや軽い悩みも、気を許してくれたと判断されやすい内容です。
相手の本音を引き出して、お見合い相手がどんな人かを知るためには、嫌われたくない・恥ずかしいと言う気持ちを振り切って、心を少し開いて接近してみましょう。
 
2.話し方のコツ
相手の事を話すときは、必ず苗字か名前で呼んでみましょう。
あなたと言う呼び方をするより、○○さんは……と言った話し方をした方が、より自分を見てくれている、私を知ろうとしてくれていると言った感覚になりやすいです。
中には名前予備を嫌う人もいる為、ワンクッションを置き名前を聞いた後に○○さんと呼んでも良いですか?と聞いてみるのも良いかもしれません。
 
また話をするときは、「~しなければいけないと思った」や、「~した方がいいかな」と言う言い方をしてしまうと、相手に「この人は何か・誰かに強制されている」「実際はしたくなかったのかな」と言った悪い印象を与えてしまいます。
「~したいです。」「~しましょう。」と言う言い方に変える事で、自分の意見として相手に伝えやすくなります。
 
3.話の最中は顎のあたりを見つめて頷いてみる。
目を見つめすぎると、人間は心理的に威圧感を感じて嫌になるそうです。
話をするときはよそ見は出来ないので、顎やネクタイのあたりを見つめてみましょう。
 
また、聞き上手の人は話がしやすく、色々と話をしてくれる事があります。
話に困ったら、相手の話をしっかり聞きながら、適切な相槌や頷きを入れてみると効果が大きいですよ。
 
4.共通点を見つけたら、自分も好きと言う事を伝えよう。
趣味でも経験でも、共通点は話を盛り上がらせるだけでなく、親しみを感じさせる事ができます。
食べ物や趣味が似ているのであれば、そのまま次の予定やデートにも誘いやすく、一緒に行くと言う展開にもつなげやすいでしょう。
 
共通点を事前に知ることができたり、話の中で共通点が見つかったりした時は、積極的にアピールをしてみましょう。
 
他にも出来る事は沢山あると思います。
また、実際にやってみたけど、あなたに合わないと言う事も多いです。
 
あなたに合った婚活をスタッフと一緒に考えてみませんか。
 

« 一覧へ戻る

mailform

Information

ブライダルサポート アレッタ
〒604-8412
京都府京都市中京区西ノ京南聖町12番地 ビケンビル602号

京都市中京区にある結婚相談所【ブライダルサポート アレッタ】では豊富な会員の中から、理想のお相手探しをお手持ちのパソコン、スマホをご利用いただき、ご自由に活動頂けます。
カウンセリングをしっかり行いますので、婚活初心者の方でも安心してご利用頂けます!

結婚相談所アレッタのご案内

日本最大級の結婚相談所ネットワーク『日本結婚相談所連盟』byIBJ

pagetop