ネガティブな表現は避ける|婚活を始めるなら京都市中京区の結婚相談所アレッタへ

新着情報

ネガティブな表現は避ける

2016/07/25

会話の中で気をつけたいことですが、特に初対面の場合、ネガティブな表現は避けたほうが賢明です。「○○は嫌いです」 というよりは「○○よりは△△のほうが好きです」といったほうが、印象は良くなります。 嫌いを強調せず、好きを伝えるほうが前向きな表現になるからです。
 
また、たとえば食べ物で好き嫌いの話になったときに、シャットアウトするような表現もいけません。「納豆は絶対無理です。 あの臭いは気持ち悪くて、あれを食べる人の気が知れません。」本心はそうだとしても、こう言ってしまっては、独りよがりでキツい性格に見えてしまいます。「納豆は苦手なんです。臭いがどうも・・ でも体に良いから食べられればいいんですけどね・・。 臭いがしない良い食べ方ないですかね?」と言うほうが、まだ話も続きますし、建設的な印象を与えます。趣味に関することも、相手の想い入れもあることですから表現には十分に注意が必要です。
 
同じ事を伝えるにも、その表現のしかたで、その人の内面が見えるものです。一方的な決め付けたような表現や、ネガティブな表現は、頑固で心が狭い印象を与えてしまいます。 特に女性は男性の度量や包容力をこういった会話の中で感じ取ります。 前向きで寛大な表現を心がけましょう。
 
あなたに有意義な婚活をお約束します。
京都の結婚相談所 
ブライダルサポート  アレッタ

« 一覧へ戻る

mailform

Information

ブライダルサポート アレッタ
〒604-8412
京都府京都市中京区西ノ京南聖町12番地 ビケンビル602号

京都市中京区にある結婚相談所【ブライダルサポート アレッタ】では豊富な会員の中から、理想のお相手探しをお手持ちのパソコン、スマホをご利用いただき、ご自由に活動頂けます。
カウンセリングをしっかり行いますので、婚活初心者の方でも安心してご利用頂けます!

結婚相談所アレッタのご案内

日本最大級の結婚相談所ネットワーク『日本結婚相談所連盟』byIBJ

pagetop